Pocket

あなたは、聴くということから
どんな影響を受けていますか?

または、受けていること事体、
自覚されておられないでしょうか?

まず、なぜ聴くと云うことをここで、
お伝えしたいかという理由を考えてみますね。

あなたも、私も、現実世界、環境と
自分の持つ世界観とを、5感を基軸にして捉えています。

ですから、5感を鍛え、磨いていくと、
現実世界の見えかたを変えることができます。

 

Sponsored Link

聴覚について

人の持つ5間のなかでも、「聴覚」は、
最も速い時点で、発達します。

聴覚」は、受胎18周前後から機能し始め
24周で積極的に聴くようになります。

おなかの中の刺激は、音が一番変化があり、
胎児であった、あなたのお子様も
音で毎日学習していました。

ママの胎内音を聴いて、お子様は育たれたのです。

赤ちゃんの時には、15ヘルツ~2万ヘルツまでの
音域の音を完全に聞き取る能力を持っています。

その後、赤ちゃんが育つ環境にない音、
馴染みのない音は、取り入れなくなり、

日本に生まれた赤ちゃんは
日本語「150ヘルツ~1500ヘルツ」の
低周波領域のみしか聞き取れなくなっていきます。

音の周波数について【音楽&言語】

下記の表はそれぞれの言語の持つ周波数の領域を
示しています。

一度言語を聞き取る周波数領域が固まってしまうと、
よほど、専門的なメソードを実践しない限り
はなかなか、他言語の周波数帯の音を認識できません。

音楽もことばと同じです。
どちらも音の周波数という点で同じです。

以前、日本人の耳の周波数で聴くモーツァルトの交響曲と
イギリス人の耳の周波数で聴くモーツァルトの曲を
ききくらべたことがあります。

日本人によるものは、音色がもの哀しくこもった響きでしたが、
イギリスのものは、キンキンしたきらびやかな音色だったことを
思い出しました。
二つの演奏自体の周波数が異なった結果なのでしょう!

とても、興味深かったです。

 

【音声には耳で、聞き取れる音しか出せない】トマティス効果

ここで、大切な法則をお伝えしますね🎵

音声には耳が聞いたもの以外は、含まれない❗

咽頭は耳が聴くことのできる倍音しか発しない❗

この法則があるので、音楽表現や、演奏に
国の影響があります。

各国の言語には、特有な周波数領域の音声があり
その言語にない周波数域の音は音楽表現や演奏に
出せないのです!

それで、音楽の表現にその国の言語の影響がでて、
それぞれの、演奏する音楽の音質が変わってしまうのです。

また、あなたの住む地域の地形や環境の影響で、
同じ言葉や音でも、違う周波数の響きになります。

小さな島のイギリスからアメリカ大陸に移ったために、
口先を使う英語と鼻音の多い米語は、相当異なる言語になりました。

日本語も、地域により通じないほどの変化があります。

ここまでで、あなたが、
お子様にどのような音環境を整えてあげるかの
大切さが理解していただけたかと思います。

ここからは、どのような音環境を整えれるのか。
何をどのように聴くかを、探っていきましょう!

 

周波数の高い音に触れる

言語について語った際、周波数
についての表を見ました。

日本人の周波数帯は低めですから、周波数の高めのものを
選んでおうちでお子様と聴くようにしましょう!
周波数の高い音は脳内のエネルギーを、チャージしてくれる働きもあるので、
どんよりしてしまうときなど、役立てれるでしょう!

また、あなたが聴く時には、
気導音 と 骨導音」の2つの経路から
聴いていることも理解しておく必要もあります。

それがよくわかるのは自分の声を録音したときです。
自分の骨に響く骨導で聞く音と、自分の声が気導音として
の音が全然違うのです。
ハミングを行うと骨導音のことがよく理解できます。

また、イヤホンだけで聞くにではなく、生演奏を聞くほうが
骨に響くのでインパクトが大きく心地よく感じますし、

オーディオ音は、2万ヘルツ超の音をカットしていて、
高音の音色、つまり倍音が、生だと輝くばかりに聞こえてきます。

私が生徒とよく行うものですが、ピアノの一音を、
ズーッと、ならします。
すると、ピアノの音の特徴が消えて、単なる音の響きになります。
その音に、自分のハミングの音を被せて融合させる訓練です。

 

Sponsored Link

まとめ

このように、日頃聞くことのない周波数の音や
楽器の音を豊富に聞くことにより
自分の耳が求める音質や周波数域が変わっていき、
自分の演奏がとても、美しい響きを帯びてくるのです。

あなたがお子様に話す声、お子さまの演奏の響きを
素敵なものにするため、
今すぐ、周波数の高い、あるいは広い音楽をバックミュージックとして
活用してまいりましょう。

ご紹介できる曲としては、断然、モーツアルトの曲です。
これについては説明が長くなるので、のちに記事を書きますね。

ほかに、ユーミンの曲や、坂本龍一氏の【エナジー】などを、挙げられます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

Sponsored Link